プロレスで犯される小倉はるか 悪役レフェリー男子びいきVol.8


職権乱用した悪徳レフィリーのプロレスセックスの幕が開く!
小倉はるかは、その恵まれた体格を活かして勝利を重ねている期待の新人ファイターである。そのエロティックな肉感たっぷりボディに目をつけたのがお馴染みの極悪コンビ、覆面レスラーのストロンゲスト小森と悪徳レフェリーの阿部五郎であった。この薄汚い二人の毒牙にかかり、強引なプロレスセックスで犯されてきた女子選手は数知れず…。しかし女子レスラー小倉はるかは勇敢にもストロンゲスト小森の挑戦を受けた。それは今までリングに倒され犯されてきた仲間の恨みを晴らすため、復讐を遂げるために立ち上がったのである。果たして極悪コンビに真っ向勝負を挑む小倉はるかの運命はいかに!?

試合前にスケベなボディチェックを行う悪徳レフィリー阿部五郎。

どんなに強くとも、このリングでは絶対に勝つことはできない女性敗北レスリング。

技をかけられながらプロレスセックスで犯される小倉はるかに未来は見えない…。

 


悪役レフェリー男子びいきプロレス Vol.8

(アキバBV動画配信)

●女優名:小倉はるか
●身長:157cm B90 W65 H91
●メーカー:アキバコム制作部
●収録時間:47分
 
試合が始まると小倉はるかは持ち前の肉感ボディを活かして覆面レスラーを攻めていく。得意の必殺技も繰り出し、口先だけのストロンゲスト小森を追い詰めていく。
するとそこへ悪徳レフィリー阿部五郎が乱入してきた。ありえない理不尽裁定で何と警告を受けてしまう女子レスラー小倉はるか。もはや事実上の2対1の戦といっても過言ではないだろう。攻守は一気に逆転してしまい、今度は覆面レスラーの試合ペースで関節技に苦しめられてしまう。
さらに男二人掛かりのコンビプレイでプロレスとは言えない暴行を受ける小倉はるか。大きな胸を露出され揉みしだかれながら次々とプロレス技をかけられ、ついにはギブアップ。しかしその後も容赦のないプロレス陵辱は止まらない。手足を押さえつけられ、無理矢理ぶっとい肉棒を突き込まれるプロレスセックスで中出しフィニッシュされてしまう。敗者に待っているのは屈辱以上の恥辱。リングの上には彼女の悲鳴だけが虚しく響いていた。

 


有名AV女優たちのプロレスリング 柚希カレンVS冴島エレナ


ルックス重視、若い女の子たちの素人系プロレスリング。
同門対決だからこそ絶対に負けられない。柚希カレンと冴島エレナの女子プロレスリング。ヤングアイドルたちの美しき肉体が絡み合いエロティックにぶつかり合う。選び抜かれた者同士、凄まじい内容で説得力十分。男性の視聴者が本来の女子プロレスに期待する高い色香を追求した作品です。選手たちの背景を知るために試合前のインタビューや着替え姿も盛り込んだ最高の映像をお届けします。逆エビ固めからバックブリーカー、打撃で相手を翻弄するシーン、中身は超本格的なプロレスファイトを展開しながら、最後は組んずほぐれつ淫らなレズプレイで相手を屈服させる。感情交じりに相手を叩きのめすキャットファイト成分が高い女の闘いです。

以前は女相撲で対戦した柚希カレンと冴島エレナが、今度はプロレスのリングで勝負!

肌がぶつかり合い興奮した二人はルールを無視したレズバトルに突入していく。

泥試合確定。二人とも負けでいいんじゃないのか。

 


女子プロレスリング Vol.18

(アキバBV動画配信)

●柚希カレン:163cm B86 W60 H89
●冴島エレナ:163cm B84 W59 H90
●メーカー:FIGHTING MOVIES
●収録時間:50分
 
色白ゆるふわ系美女レスラー柚希カレンと姫系ロリ美少女レスラー冴島エレナが激しく対立。白い柔肌がまぶしい若い二人が白いマット上で真っ向勝負。ファンの要望が加味され、二本先取の三本勝負ルール。コスチュームに着替えたら、会見を行い颯爽とリングに登場。プロレス格闘の攻防よりも、女同士のぶつかり合い、意地の張り合いが萌えポイント。
お互いが試合の最中に興奮を抑えきれなくなり、相手の体を愛撫しレズキス攻撃にまで発展してしまう。プロレスフェチならではの視点から撮影した女子プロレスリング。さらに冴島エレナのやられ声はエロティックで官能的。男心をくすぐります。稚拙な素人女子プロレスはこれだから面白い!
美少女たちの激しい息遣いと負けたくないという気持ちが伝わるレズプロレス。最後にリング状に立っているのは果たしてどちらか。是非ダウンロードしてお楽しみください。

 


BATTLEエクストリームトーナメント7th 一回戦第二試合


人気を二分する美女レスラー同士が一回戦で激突する。
かつてエクストリームトーナメントで夢敗れし者たちが、再び鍛錬を積み重ねてこの過酷なトーナメントに挑む。前々回の大会で、準決勝にて敗退したアイドルレスラー西内るな、そして前回の大会で一回戦敗退となった実力派ヒールの葉月もえ。二人とも大会の優勝者と対戦して惜しくも敗れ去っていった。今回の第七回大会では、不運だった彼女たちに再びトーナメント参戦の機会が与えられたのだ。抜群の人気を誇るベビーフェイス西内るなは、スープレックスを得意とする正統派。対する地獄から舞い戻った堕天使・葉月もえは試合巧者の悪役ヒール。かつて夢敗れし二人が、再びトーナメント戦でぶつかる。

さわやかな青いコスチュームが西内るな。黒い衣装がヒールの葉月もえ。

正義と悪の構図だが、二人とも人気が高い美女レスラー同士の豪華なプロレス試合。

どちらが勝ち上がっても納得の内容だろう。

 


BATTLEエクストリームトーナメント7th 一回戦第二試合

(アキバBV動画配信)

●西内るな:148cm B80 W58 H81
●葉月もえ:154cm B86 W59 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:75分
 
人気の高いベビーフェイス西内るなは、見た目からビジュアル先行と思われていたが、ブリッジの美しい見事なジャーマンスープレックスを得意とする正統派レスラーである。凶器反則攻撃は行わないものの、ねちっこい関節技など意外にドSな一面も持ち合わせている。
そして対戦するのは葉月もえ。涼海みさの持つタイトルマッチに挑戦した実績を持つが、ヒール同士の死闘の末に、涼海にフルボッコにされ、奈落の底へ突き落とされてしまった。地獄から復活した葉月もえは、さらに強く、そして悪党となって帰ってきた。
過去の大会で敗退した者同士、そしてルックスも美しい美女レスラー同士のプロレス試合であるが、奇しくも正統派ベビーフェイスvsヒールの構図となった。美しいスープレックスを得意とする西内るなか、それとも凶器反則を得意とする葉月もえか。何が起こるか分からないのがエクストリーム戦である。JRAのハンデ戦マーメイドステークスGⅢと同じくらいに荒れるのは間違いないだろう。果たして勝負の行方はいかに!?