BWP女子プロレス今回は団体対抗戦!! 明海こうVS川崎亜里沙

BWPプロレス画像
BWP バトルワールドプロレスリング Vol.14
まず最初にリングに登場したのは、既に堂々とした風格を漂わせ、そして実力もまた新人離れしていた川崎亜里沙。パワフルな大技を使いこなし、また勝つためならば反則をも厭わない性格の持ち主。その挑戦を受けて立つのは、元B-1王者で経験豊富なファイター明海こう。闘いのキャリアと実力はすでに証明されている。互いに全てを賭けた大一番は、今まで見たことの無い必殺技の応酬と、最後まで諦めない不屈の精神がぶつかり合うプロレス試合となった。パワーボムやスープレックスなど多彩な攻撃を繰り出し一進一退の攻防を繰り広げる。どちらも譲れない状況が、緊迫した白熱の試合を生んだ。

青い衣装は明海こう、黒い衣装は川崎亜里沙。体格はほぼ同じくらい。

やられたらやり返す、組んず解れつの関節の奪い合い。

複雑な技と、精神を削り合う緊張感ある女子プロレス試合。

 


BWP バトルワールドプロレスリング Vol.14

(アキバBV動画配信)

●明海こう:159cm B88 W59 H93
●川崎亜里沙:158cm B86 W60 H88
●メーカー:バトル
●収録時間:95分
 
ファンからの絶大な支持を受けるルックスと実力を兼ね備えたスーパーヒロイン明海こうが、今回は決意を新たにBWPプロレスのリングにあがる。洗練されたテクニックと感情を爆発させて闘う姿勢に磨きがかかり、風格すら漂わせる最強の女子ファイターが参戦。明るく陽気な明海こうだが、しかしそのファイトぶりは対戦相手を容赦なく破壊せんとするサディスティックなもの。待ち望んでくれたファンの為にも絶対に負けられない。
そして対戦するのは、BWPプロレスの未来を担うエース候補生として期待を背負う川崎亜里沙。新人だが脅威的な実力と個性の持ち主。今回、明海こうという特別な選手と闘うことで、その溢れる才能を闘いの中で開花させていく。彼女の才能が本物であることを証明するに十分すぎる内容となった。見かけによらず高いパワーをもち、巧緻で貪欲に勝利を目指す姿勢が成長へと繋がっていく。この闘いで何かを掴んだ川崎亜里沙は、必ずや女子プロレス界の最前線に躍り出てくるだろう。

 


BWP女子プロレス平仮名の女優対決!! まゆのゆまvsみひな

女子プロレスまゆのゆま画像
BWP05 開催記念スペシャルマッチ まゆのゆまvsみひな
最近になって評価を高めつつある二人の平仮名女子レスラーまゆのゆま&あずみひな。確かにインパクトは強いが、柔らかそうで威厳を感じないのが良いのかもしれない。そんな両者がBWP05興行でプロレス対戦する事が発表された。その前哨戦も兼ねてこのカードは、お互いの力量を図ることに意義がある。二人には身長差もあり階級は違うが、感情がそのまま力になる個性が近いこともあって非常に拮抗した試合展開となった。熱く・強く・激しい名勝負。果たしてこの闘いで勝利して、自らの価値を高めるのはどちらだ。

青いコスチュームは、全部平仮名の女子レスラーまゆのゆま。

黒いリング衣装は、永井みひな→あずみひな→みひな。

鋭い打撃とアーチの美しい高角度スープレックスを見せてくれる。

 


BWP05 開催記念スペシャルマッチ まゆのゆまvsみひな

(アキバBV動画配信)

●まゆのゆま(裕木まゆ):161cm B72 W56 H81
●みひな(あずみひな):154cm B85 W56 H85
●メーカー:バトル
●収録時間:82分
 
今回も総合的な強さが試される二本先取の三本勝負ルールで行うBWP女子プロレス試合。スピードで攻撃するファイターまゆのゆまに対し、テクニカルな攻撃で対抗するみひな。
白熱した闘いの中で相手の能力を引き出し、その上で相手をねじ伏せて勝ちを狙いたい女子レスラーみひな、逆に攻め疲れした相手を狙って確実に仕留めたい女子レスラーまゆのゆま。相手がギブアップするまで技を解かれることはない。
この試合に挑む両者のそれぞれの想いと戦略が交錯する中、クライマックスは近づいていく。女子ならではの曲線と絶叫に大興奮!衣装が肌蹴ても気にしてはいられない。
パワーボムやバックドロップなど大技を使いこなすのは当たり前、巧緻で濃厚なサブミッションまで幅広くこだわった試合内容。感情は熱いが攻防はシビアでクールな女子プロレスを形成していく。限界ぎりぎりのせめぎ合いの中でしか生まれない本物の闘いをこの試合では見せている。

 


女子プロレス団体対抗戦07 橘@ハムvs皆月ひかる

女子プロレス団体対抗戦
夢の対決を実現する奇跡の女子プロレス団体戦の第七弾!
SSS女子プロレス団体の新エース橘@ハムに侵略され続けているBWPだったが、今度は逆にBWPの天才と謳われる美少女レスラー皆月ひかる敵地へと乗り込んできた。トップファイターへの道を掴もうとする姿勢も素晴らしい皆月ひかるは、アイドル性もあるルックスも備えるスター候補生。一方の連勝中の橘@ハムは、ここで天才美少女を従属かさせて、さらに仲間の拡大を図ろうという魂胆らしい。単純な個人戦ではなく、お互いがプロレス団体の看板を背負っているだけに権謀術数が渦巻くリング上。それぞれの思惑が交錯する中で戦いの火蓋が切られた。


真っ赤なリングコスチュームは、ニコ生配信で人気だった橘@ハム。

対戦する青い衣装は、才能豊かな新鋭レスラー皆月ひかる。

優れたビジュアルに、熱く激しいファイトスタイルこそ女子プロレスの醍醐味だ。

 


団体対抗戦Vol.07 SSS vs BWP 橘@ハムvs皆月ひかる

(アキバBV動画配信)

●橘@ハム:160cm B82 W59 H87
●皆月ひかる:148cm B83 W55 H85
●メーカー:スーパーソニックサテライツ
●収録時間:80分
 
試合は巧緻でしたたかな橘@ハムに対し、全力でぶつかっていく若き新鋭レスラー皆月ひかるという構図。怒涛の攻撃の連続に、さすがの橘@ハムも手加減はできないと本気の攻撃を浴びせていく。
今回のプロレス団体戦では、ライブファイトとはまた違った濃厚で激しい闘いを披露する。ルックス抜群の美少女が、感情をむき出しにして持てるスキルを繰り出し合う姿は必見です。臨場感あふれるファイトスタイルは会場を熱狂の渦に包み込んでいく。
橘@ハムと皆月ひかるのプロレス試合は、近年稀に見る非常に高いクオリティをみせ、両団体がいかに凄いかを体現している。王道のストロングスタイルな試合展開と、決着後の屈辱的な仕打ちがコントラストを生み、試合の質を大幅にアップさせた。女子プロレス界を牽引する試合巧者同士の対決は互いを高め合う名勝負へ発展していくのだった。