BWP一覧

BWP07 開催記念プロレス試合 橘@ハムVSひなた澪

BWP女子プロレス
誇りを賭けて激突する他団体交流プロレス試合
今回の試合では鋭い蹴りでの攻撃シーンが比較的多く、隙をみて相手のバックを取りスープレックスを放つなど技の連携が素晴らしい。さすがは女子プロレス界を代表する猛者同士の闘い。互角の展開を見せつけ一瞬の油断も許されない。お互いに駆け引きしながら主導権を奪い合う橘@ハムVSひなた澪の緊張感漂うプロレス試合。応援してくれるファンの為にも絶対に負けられない。しかし決着は必ず訪れる。女子レスラーたちの情熱がぶつかり合う名勝負です。

黒いリング衣装は橘@ハム、そして白い衣装はひなた澪。

ねちっこく攻めることで精神的にも追い込んでいく。

自己の存在を証明する為、勝たねばならない。最後に笑うのはどちらだ!

 


BWP 07 開催記念スペシャルマッチ 橘@ハムvsひなた澪

(ABV動画配信)

橘@ハム:160cm B82 W59 H87
ひなた澪:154cm B85 W58 H86
メーカー:バトル
収録時間:81分

ABV動画インフォメーション

女子プロレスデビューから連勝街道を走り続けてきたSSS無差別級王者の橘@ハム。しかしBWPの新鋭レスラー川崎亜里沙に完敗してしまい、その権威を失墜してしまう。屈辱を味わった橘@ハムは、厳しい練習を重ねて再びリングに降り立つ。
今回の対戦ではかつてBWPで活躍した名プレーヤーひなた澪が相手。SSSの王者としては、その看板を守るため勝利は絶対条件だろう。手負いの獅子となった橘@ハムが黒のリングコスチュームを身にまとい覚悟を決めてリングイン!
そして対戦するのは再びBWPマットに帰ってきた人気美少女レスラーひなた澪。走攻守にわたってバランスの取れた経験豊富な女子レスラーだ。その爽やかなルックスで人気も高い。
彼女が戦線離脱していた間、プロレス業界の情勢は一変!他団体の台頭などもあり窮地に立たされたBWP団体に彼女が光を灯せるか?ひなた澪にとっては橘@ハム如きは生意気な新参者。そんな小娘に負ける訳にはいかないと意気込む。濃厚な三本勝負ルールでお届けします。

 


BATTLEワールドプロレスリング20 野々宮みさとVS豊中アリス

女子プロレス野々宮みさと
プロレス団体のプライドを守る為、美女たちは過酷なリングへ上がる!
隆盛を極めるBWPプロレス団体の初期メンバー野々宮みさとがリングにカムバック!恵まれた体格と類まれな格闘センスを持つ彼女はやっぱり凄かった。豊中アリスのデビュー戦で胸を貸す先輩として登場だが、彼女もまたNEXTへ登場すべき資質を持つ者なのだ。この試合は今後の活躍を予感させるに十分な内容で、高難度のサブミッション、大技のスープレックスなど多彩な攻撃を繰り出して華のある二人がぶつかり合う。


青いリング衣装は野々宮みさと、赤い衣装は豊中アリス。

三本勝負ルールで、熱くて、そして濃厚な闘いを展開します。

まさにトップファイター予備軍と呼ぶに相応しい白熱したバトル。

 


BWP バトルワールドプロレスリングVol.20

(アキバBV動画配信)

●野々宮みさと:160cm B90 W60 H88
●豊中アリス:145cm B84 W58 H88
●メーカー:バトル
●収録時間:74分

ABV動画インフォメーション

BATTLEの新人レスラーの中で最も期待がかかる豊中アリスが試合に登場する。型破りな面はあるものの培ってきた実力は間違いなく一級品で、相手が誰であろうと自分のペースに持ち込む強靭さを持つ。そんな彼女に胸を貸すのは、デビューから高い勝率を誇るエリート経験豊富な美女レスラー野々宮みさと。能力センスがピカイチの二人による注目度の高い対戦となりました。
今回も総合的な強さが試される二本先取の三本勝負ルールで対戦します。実力は既に証明されている二人だが、決して慢心の様子はなく、高い判断力と闘争本能で一進一退の攻防を繰り広げるプロレス試合。新しい時代を迎えるに相応しい別格な名勝負となった。
お互いのプライドがぶつかり合うことで、さらなる高みへ登っていく豊中アリスと野々宮みさと。この作品こそ、プロレスフェチ的側面とキャットファイト本来のエロスが融合した神試合である。

 

 


有名女優が集うBWP女子プロレス開催記念マッチ 篠崎みおVS橘@ハム

BWP女子プロレス
BWP05 開催記念スペシャルマッチ 橘@ハムvs篠崎みお
なんとプロレス挑戦二戦目を終えた時点でBWPプロレス05という本興行への出場を手にした超逸材と言うべき女子レスラー橘@ハム。しかもSSS代表としてこのSPマッチに登場してきました。相手は鉄板の実力者・篠崎みおということで、いかに才能溢れる選手かはファンの皆様なら想像に難くないだろう。対する篠崎みおは、実力に成績が伴っていない状況を覆すべく、先ずはこの新人女子を切って落とし自らの実力を示したいところ。より高度な技を繰り出し階級が上の相手でも巧みに手玉にとる。三本勝負ルールで濃密な美少女レスラー対決を堪能してください。


黄色い衣装の橘@ハムは、そもそも肉食ギャル系で強そうな感じがする。

童顔でスクール水着が似合う篠崎みおは、スープレックスも得意で格闘センスがある。

 


BWP05 開催記念スペシャルマッチ 橘@ハムvs篠崎みお

(アキバBV動画配信)

橘@ハム:160cm B82 W59 H87
篠崎みお:149cm B85 W58 H84
メーカー:バトル
収録時間:91分

ABV動画インフォメーション

低身長vs高身長対決となった女子プロレス試合。10cmの差は結果にどう響いてくるのか?体格差など見た目では橘@ハムの優勢に見えるのは間違いない。最初から怒涛の勢いで攻める橘@ハム。対する篠崎みおは、初対戦の緊張ゆえか身体の固い。
試合序盤から荒々しい言葉も飛び交いガンガン追い詰めていく橘@ハムであったが、ふとした隙に関節技を掛けられその長身を大きく反らすことになってしまう。今まで攻められた分を反撃する篠崎みお、この勢いがどこまで続くのか。得意のフライングボディープレスやジャーマンスープレックスを見せつけ、その格闘センスと実力の高さを示す。
そのまま二人の闘いは一進一退でギリギリの攻防戦続く。この試合の見所はなんといっても難易度が高い大技を双方に炸裂させる部分にあるだろう。超本格的なプロレスファイトを展開し、これぞタイトルマッチということを証明していく。

 


BWP女子プロレス今回は団体対抗戦!! 明海こうVS川崎亜里沙

BWPプロレス画像
BWP バトルワールドプロレスリング Vol.14
まず最初にリングに登場したのは、既に堂々とした風格を漂わせ、そして実力もまた新人離れしていた川崎亜里沙。パワフルな大技を使いこなし、また勝つためならば反則をも厭わない性格の持ち主。その挑戦を受けて立つのは、元B-1王者で経験豊富なファイター明海こう。闘いのキャリアと実力はすでに証明されている。互いに全てを賭けた大一番は、今まで見たことの無い必殺技の応酬と、最後まで諦めない不屈の精神がぶつかり合うプロレス試合となった。パワーボムやスープレックスなど多彩な攻撃を繰り出し一進一退の攻防を繰り広げる。どちらも譲れない状況が、緊迫した白熱の試合を生んだ。


青い衣装は明海こう、黒い衣装は川崎亜里沙。体格はほぼ同じくらい。

やられたらやり返す、組んず解れつの関節の奪い合い。

複雑な技と、精神を削り合う緊張感ある女子プロレス試合。

 


BWP バトルワールドプロレスリング Vol.14

(アキバBV動画配信)

●明海こう:159cm B88 W59 H93
●川崎亜里沙:158cm B86 W60 H88
●メーカー:バトル
●収録時間:95分

ABV動画インフォメーション

ファンからの絶大な支持を受けるルックスと実力を兼ね備えたスーパーヒロイン明海こうが、今回は決意を新たにBWPプロレスのリングにあがる。洗練されたテクニックと感情を爆発させて闘う姿勢に磨きがかかり、風格すら漂わせる最強の女子ファイターが参戦。明るく陽気な明海こうだが、しかしそのファイトぶりは対戦相手を容赦なく破壊せんとするサディスティックなもの。待ち望んでくれたファンの為にも絶対に負けられない。
そして対戦するのは、BWPプロレスの未来を担うエース候補生として期待を背負う川崎亜里沙。新人だが脅威的な実力と個性の持ち主。今回、明海こうという特別な選手と闘うことで、その溢れる才能を闘いの中で開花させていく。彼女の才能が本物であることを証明するに十分すぎる内容となった。見かけによらず高いパワーをもち、巧緻で貪欲に勝利を目指す姿勢が成長へと繋がっていく。この闘いで何かを掴んだ川崎亜里沙は、必ずや女子プロレス界の最前線に躍り出てくるだろう。